所沢の個性派ラーメン・カッパハウス

西武線の所沢駅の近くに、個性的なラーメン屋があります。

その名も、カッパハウス

場所は、所沢駅から徒歩5分くらいです。

所沢駅からのルートは下の地図の通り。

所沢駅の東口を出て、長者久保公園という公園を右手に見ながら進みます。

線路を渡り、線路と線路の間に挟まれた中洲のようなエリアにあります。

長者久保公園とはすごい名前ですよね。お金持ちの久保さんなのかと思いきや、そういう苗字が存在するようで、日本で20人くらいいらっしゃるとか。

お店の外観

カッパハウスの外観はこんな感じ。

・・・初めに辿り着いたとき、美容院かと思って普通にスルーしてしまいました。

よく見ると、丸い看板に「ラーメン カッパハウス」と書いてありますね。

ラーメンメニュー

このお店、ラーメンは4種類あるのですが、いずれもなかなか個性的です。

とまとらーめん(細麺150g)

人気No.1だそうです。豚骨・鶏ガラの動物スープに、トマトの酸味・甘味がマッチして心地よいとのこと。

シーフードらーめん(太麺180g)

塩味こってりで、濃厚豚骨スープに魚介・野菜の旨味をプラスしているそうです。

とまと味噌つけ麺(極太麺270g)

濃厚トマトスープと、数種類の自家製ブレンド味噌とを合わせてあるそうです。

レモンらーめん(細麺150g)

鶏ガラ・煮干しなどで旨味を引き出したラーメンなのに、スタッフの反対を押し切ってレモンを乗っけましたとのこと。

・・・

値段は、「とまと味噌つけ麺」のみ800円で、他3つは750円。

これにトッピングで値段が変わるようです(味玉が+100円、チャーシューが+200円、全部入りが+300円)。

なお、お水はセルフサービスです。

とまとラーメンを注文!

今回は、人気No.1らしい「とまとラーメン」を注文。ライスもつけてみました。

さっそくラーメンが運ばれてきました。

トマトの色で真っ赤なスープです。

食べてみると、非常にあっさりしています。トマトの小さなかけらが、スープの中にたくさん沈んでいます。女子に人気が出そうな感じです。

細麺で、トマトベースのスープパスタのような味わいです。チーズとの相性が良さそうなので、トッピングしても良いかもしれません(100円) 。

と思ったら、「ちーずごはん」(200円)というメニューがあり、とまとラーメンの残ったスープに入れたら美味しいとのこと。単なるライスにしたことを後悔。

なお、隣の人が「とまと味噌つけ麺」を食べていましたが、こちらは極太麺270gだけあって、結構ガッツリな量でした。こちらは男性向けかもしれませんね。

次回はこのあたりにチャレンジしてみたいです。

おわりに

このお店、麺は自家製麺だそうで、本店から毎朝運んでくるそうです。

本店ってどこだ?と思ったら、カッパ64というお店が東京都福生市にあるそうです。ニンテンドー64みたいな感じでしょうか。

ホームページを見ると、カッパラーメンセンターというのもあるんですね。

なお、キュウリを使ったメニューはないので、カッパの由来が気になるところですが、所沢でランチされる際にはご検討ください。

スポンサーリンク