歌舞伎座の観劇前後に!立ち飲みできる酒屋「たつみ清酒堂東京」

東銀座の歌舞伎座では、様々なイベントが開催されていますが、観劇の前後、少し時間が空くこともあると思います。

関連記事:歌舞伎座ギャラリー&謎解き

歌舞伎座の周りには食べるところはたくさんあり、食事に困ることはあまりありません。

しかし、少しの空き時間で、軽く腹押さえして一杯飲むか、というときにピッタリな場所がありますので、ご紹介させて頂きます。

その場所とは、「たつみ清酒堂東京」。

冒頭の写真の通り、酒屋さんです。埼玉県さいたま市に本店があるとか。

場所は、歌舞伎座のすぐ裏くらいです。隣に銀之塔というシチュー屋さんがあります。

お店の中の様子

たつみ清酒堂東京の中はこんな感じ。

小さな酒屋さんですが、こだわりの地酒が数多く揃っています。なんでも蔵元と直接取引して、希少な日本酒を仕入れているとか。

で、お店の外からは見えないのですが・・・

なんと、お店の隅っこに、小さなテーブルが置いてあります

ここで、軽く立ち飲みができるようになっています

これ、歌舞伎座への道中で「オッ、酒屋だ!日本酒を買おう!」となる人はそんなに多くないと思いますので、知らないと利用しようがありませんね

立ち飲みメニュー

そんな酒屋の隠し立ち飲みですが、ちゃんとメニューが用意されています。

日本酒メニュー

日本酒メニューはこんな感じ。

※提供している銘柄がなくなったら、別の銘柄にするそうで、定期的にリストは入れ替わるそうです。

テイスティングと銘打っている通り、ワイングラスで60mlが提供されます。

1合が180mlなので、1/3合くらいですね。

量的にはこのくらいです。

値段は300円。プレミアムの銘柄は500円です。少量のテイスティングは無料だとか。

前会計で、レジで支払うとスタッフさんが準備してくれます。

個人的には、奈良県の篠峯という銘柄の、「櫛羅 純米 無濾過生原酒」が気に入りました。

色々な銘柄を少しずつ試せるので、新たなお気に入り銘柄を発掘するのにも良いかもしれません。

千代 櫛羅 純米吟醸中取り 無濾過生原酒≪表記は2018年になります≫ 2019年2月醸造1.8L

本日の酒肴メニュー

日本酒に合う、軽いおつまみも提供されています。

自分が行った日のメニューはこんな感じでした。

1品300円で、2品で500円。小さなお皿に入れて提供されます。

なお、少量なので、4品全部注文してしまいました

〈283スモーク〉のスモーク筋子など非常に美味しかったです。

メニューにある佐々木翼氏は、鮨×燻製というコンセプトで、「鮨・燻製 SASAKI283」などを経営されている方のようですね。

【海道屋】ほたるいか いしる干し[いしり干し](60g)

おわりに

以上、一見、普通の酒屋に見えるものの、実は中で立ち飲みができる「たつみ清酒堂東京」についてご紹介しました。

スタッフさんも非常に気さくな方で、聞けば銘柄について色々と解説して下さいます。

歌舞伎座での観劇まで時間がある場合など、サクっと一杯、こだわりの地酒を飲んでみてはいかがでしょう。

あまり飲みすぎたら寝てしまうかもしれませんが

スポンサーリンク