お得な本格和食ディナー@築地

2018年10月、築地市場が豊洲に移転しましたが、依然として築地周辺には魅力的なお店がたくさんあります。

今回はそんな中から、「築地 いま津」という隠れ家的なお店をご紹介します。

海外オフィスから外国人が出張で来ているが、それなりにリーズナブルな値段で、本格的な和食に連れていきたい」といったシチュエーションにオススメです。

場所は、東京メトロ・築地駅の1番出口を出て、築地本願寺の横を通って隅田川方向へ徒歩3分くらいです。

席数は、テーブルが4席×2、3席×1、カウンターが3席だった気がしますが、食べログを見ると17席と書いてありますね。調整できるのかもしれません。

夜のメニュー

このお店、ランチには「阿波牛炙り天然マグロウニイクラ丼」(2,800円)という、昔の三菱東京UFJ銀行みたいな名前の贅沢丼があるらしいですが、今回は夜に訪問しました。

夜であれば、何といってもオススメは、5,000円のコースです(コースはこれ一つのみ)。当日でも対応してもらえます。

内容はこんな感じ。

≪季節のお勧めコース≫
先付け
お造り
蒸し物
焼き物
揚げ物
お食事(お寿司又は炊き込みご飯)
お椀

シメの炊き込みご飯は要予約と書いてありますが、当日に言っても対応して頂けました。

さらに、2000円で飲み放題90分をつけることができるのですが、これがスゴイです。

このお店は日本酒にこだわる本格派のお店なのですが、一部の希少酒を除いて、大抵は飲み放題に含めてくれます(大将に聞いてみましょう)。

「季節のお勧めコース」の内容

それでは、コース内容を見ていきたいと思います。

さすが築地のお店らしく、まず「お造り」が本当においしかったです。赤貝がコリコリしていました。

「焼き物」は魚の照り焼きでした。中年のグループでは、こういう渋い焼き魚の登場に一番歓声があがります

しかし、この辺りで既にしこたま酔っ払っており、なんの魚の照り焼きだったかは忘れてしまいました

「揚げ物」は、豪華にフグの唐揚げ。

そしてお待ちかねの「お食事」は、ウニとイクラの炊き込みご飯!ウニとイクラがふんだんに載っかっています。

日本酒でこれを流し込むとカロリーはいかほどばかりか気になりますが、瞬く間になくなりました。

足りなかったらウニの肉巻き的なものを注文しようと思ったのですが、コースだけで十分おなか一杯になりました。

お会計

上に書いた代金は税込なので、コースで満腹になり、さらに90分たっぷり良いお酒を飲んで、お会計は7,000円ポッキリ。満足感は非常に高いです。

ただ、築地周辺で飲むと、二次会をどうしようか悩ましいところなので、一次会でさくっと終わるような会食にオススメです。

スポンサーリンク