炭酸せんべいの由来と有馬温泉

友人や同僚のお土産で、炭酸せんべいというお菓子をもらったことはありませんでしょうか。

丸い薄焼きのせんべいで、ちょうどいい甘さ。素朴ですが、クセになる美味しさです。

この炭酸せんべい、実は関西ではかなり知名度の高いお菓子です。

食べ終わった後、入れ物である長細いカンカンが、各家庭で物入れとして再利用されているのをよく見かけます。

「炭酸」という名前の由来

そういえば、「炭酸せんべい」とは、よくよく考えると変わったネーミングです。食べても発泡感があるわけではありません。なぜ炭酸なのでしょうか?

実はこれ、二酸化炭素を含む温泉(炭酸泉)のお湯を使ったせんべいなので、炭酸せんべいと名付けられたそうです。

炭酸泉は、「1リットルあたりに炭酸ガスが0.25g以上含まれているお湯」と定義されているようです。入浴する場合は、炭酸ガスの濃度が高いほど血行促進などの健康効果が高いとか。

炭酸せんべいは、この炭酸泉の水を使うことで、サクッ・パリッとした独特の食感を出すことができているそうです。

炭酸せんべいと言えば有馬温泉

「炭酸せんべい」と言えば、特に有名なのは、兵庫県の有馬温泉のものではないでしょうか。

有馬温泉は、新神戸駅から40分程度とアクセスが良い温泉ですが、 日本三古湯の一つにも数えられている歴史ある温泉です。周辺観光も充実していて、温泉街の雰囲気を堪能できます。

有馬温泉には、「金泉」「銀泉」という2種類のお湯が湧いています。「金泉」は鉄分を含むため茶褐色のお湯、「銀泉」は炭酸ラジウム混合低温泉で無色透明のお湯です。

有馬温泉の炭酸せんべいには、この銀泉のお湯が使われているとか。

なま炭酸せんべい!?

炭酸せんべいの焼き方は、手焼き機械焼きがあり、現代では機械焼きが主流です。

しかし、有馬温泉にある「湯之花堂本舗」では、今でも職人さんによる手焼きの炭酸せんべいを味わうことができます。

そして、なんとこのお店、焼きたての「なま炭酸せんべい」を提供しています。

1枚50円、3枚で100円です。

職人さんが、1枚ずつ丁寧に焼いてくれて、型から外して渡してくれます。

賞味期限は5秒。1口目はフニャっと柔らかい食感ですが、2口目から硬くなります。

なかなか斬新なので、東京でやれば一時的なブームを作れそうですね。

他には、炭酸せんべいのミミの部分を集めた炭酸フレークなどのユニークな商品も売っていました。

調べてみると、ネットでも半分くらいに割れた炭酸せんべいがわれせんなる名称で売られています。 炭酸フレークほどコナゴナではありませんが。

有馬炭酸煎餅 われせん(炭酸せんべい)4袋セット【送料無料】(のし紙不可)

宝塚温泉の「タンサン」

なお、「炭酸せんべい」をブランドとして販売しているのは、有馬温泉のほか、宝塚温泉城崎温泉があります。いずれも兵庫県ですね。

宝塚温泉は、かつて駅前の武庫川沿いに温泉街が広がっていたそうですが、今では旅館は少なく、普通の街になっています。

しかし、観光地図にはこの通り。宝塚に来たら炭酸せんべい!とのこと。

現在でも、駅前から武庫川を渡ってすぐのところに、黄金家という炭酸せんべい専門店があります。

また、宝塚温泉は、炭酸水として有名なウィルキンソン・タンサンの発祥の地でもあり、ちょうど黄金屋の向かいあたりに、このような看板が立っています。

宝塚温泉の炭酸せんべいに使用されていた炭酸泉と、ウィルキンソン・タンサンのもとになった炭酸泉は、実は同じだったんですね。

なお、看板の横には、ウィルキンソン・タンサンのみが売られている謎の自販機がありました。

おわりに

今回は、炭酸せんべいの由来などについてご紹介してみました。

最近では、様々なバリエーションの炭酸せんべいが売られており、ミックスクリーム(バニラ・イチゴ・チョコ)、抹茶、ごま、青のりなど、結構何でもアリな感じになっております。

個人的には、ミックスクリーム系はもはやゴーフルとの境目が曖昧な気がするので、やはりプレーン味で勝負してほしいですね。

湯の里本舗 有馬温泉 銘菓 炭酸せんべい 2缶セット 96枚入り 有馬 土産 ギフト 炭酸 煎餅

スポンサーリンク