ふぐラーメン@銀座

東急プラザ銀座の地下にある「ふぐだし潮 八代目けいすけ」に行ってきました。

けいすけ系ラーメンは、 ラーメン界の革命児と呼ばれる竹田敬介さんがプロデュースしています。

フレンチ・和食のテイストが入り交じり、各店舗とも非常にユニークなこだわりラーメンを提供します。

例えば秋葉原にある「鶏王けいすけ」では、ラーメンにクリスマスみたいなチキンレッグが乗っかります。

この「ふぐだし潮 八代目けいすけ」は、ラーメンなのに具材がふぐ

いったいどんな味なんでしょうか。期待が高まります。

まずはメニュー

ラーメンなのに具材がふぐ(2度目)

高級志向のはずなのですが、注文は食券制です。

メニューはこんな感じ。味は塩ベースと醤油ベースがあるようですね。

せっかくだから、塩ベースの極みをチョイスしてみることにします。

・・・と、値段をみて目を剥きました。に・・・2,200円!?

一瞬店を出ようかと思いましたが、ぐっとこらえて食券を購入。

うーん、場所柄かもしれませんが、非常にバブリーなラーメンです。

ふぐラーメン編

ほどなくしてラーメンが運ばれてきます。

ふぐの切り身が真ん中に鎮座しており、和懐石みたいな見た目です。

スープを飲むと、ほんのりふぐの香り。上品な味わいです。

なお、手前に映っている小判みたいなチャーシューはかなりの存在感で、肉感あふれるテイストでした。

すだち?は何にかけるのかよく分かりません

店員さんいわく「スープを3分の1くらい残して下さいね」とのこと。

そう、ラーメンのあとはふぐのダシがでたスープを使って、お茶漬けを楽しむことができるのです!

お茶漬けのインストラクション

※具が残っていると焼き石が投入できませんとの注意書き。

たとえメンマとかが残ってても焼き石の投入に際して大して影響ない気もしますが、素直に具を残らずすくい上げます。

ふぐ茶漬け編

ラーメンを食べきったあと、「お茶漬けお願いしま~す」と店員さんに声かけ。

すると、店員さんがお茶漬けセット焼き石を持ってきてくれます。

そして、焼き石を残ったラーメンスープにドボンと投入。

写真では分かりづらいですが、焼き石で温められて、スープがぶくぶく言っています。

写真の通り、よく見るとラーメン鉢に注ぎ口がついており、ここからお茶漬けにラーメンスープを流し込みます。

なお、ちょっと前に日本酒の徳利(とっくり)の注ぎ口から日本酒を注ぐのはマナー違反なる謎なぷち情報が出回っていましたが、このラーメンの場合、逆から注ぐと間違いなく大惨事になります。

さて、お茶漬けにフグを乗せ、薬味とともに頂きます。

あっさりしていてサラサラ入ります。美味しい。ご飯の量は控えめなので、あっという間になくなります。

お茶漬けを完食したら、器の底に、腹が膨れ気味のふぐが現れました。

ごちそうさまでした。

「ふぐだし潮 八代目けいすけ」、お値段は少しばかり張りますが、話のタネにはなりますので、お近くまで来られた際には是非。

スポンサーリンク