(ドクターフット)スーパー痛い足つぼマッサージで健康になろう

ヘッドマッサージ・全身マッサージなど、マッサージには色々な種類がありますが、足裏をほぐす足つぼマッサージはお好きでしょうか。

足裏は、立っているときに身体の全体重がかかる部位でもあり、どうしても固くなりがちです。さらに身体の末端なので、冬場などは冷えますよね。

一方で、足裏は「第二の心臓」とも呼ばれ、全身のツボが集まっているそうです。ここをほぐしてやることで、血流が改善し、老廃物が排出され、健康促進に効果があるとのこと。

あのイチロー選手は、遠征先にも常に足つぼマッサージ機を携帯し、毎日のように足裏をほぐしていたそうです(調べてみると下のシリーズらしいですが、お値段なんと7万円!!)。

祝イチロー3000本安打 日米通算4257安打 送料無料 マルタカ正規品 足裏マッサージ器 ZIP! コンフォートトップ [SR-08]硬度の異なる指圧ローラーで足裏を刺激 SR08 ベストセラー1

足つぼマッサージの王様・ドクターフット

そんな足つぼマッサージですが、多くのお店では、クラシック音楽が流れるなか、アロマの香りがする薄暗い部屋で施術が行われるため、気持ちよくて眠くなることが多いです。

そんな一般的な(!?)足つぼ店とは一線を画し、日本一痛いとの呼び声高い、男塾のような究極の足つぼマッサージ店があるのをご存知でしょうか。

その名も、ドクターフット

現在、浜松町・新橋・神田・新宿の都内4か所に店舗があります。

今回は、痛いけどやみつきになるという、ドクターフットの魅力をご紹介します。

ドクターフット代表

ドクターフットのイメージキャラクター(?)のオジサンは、社長である鈴木雅喜さんです。

テレビを見ていると、芸能人が番組内の罰ゲーム激痛足つぼマッサージをされるというシーンをたまに見かけますが、そういう時にはよくこの鈴木社長が出演されています。

2019年元旦、テレ東でひたすら1万回という番組があり、「足つぼ押しを1万回すると健康になるのか」という検証をしていましたが、鈴木社長が芸人さんを5時間かけて1万回マッサージされていました。

結果は、休憩中に吸ったタバコのせいで血管年齢が悪化したものの、血行がよくなって柔軟性はアップしていました。

施術前の準備

さて、それではドクターフットの施術体験レポを書きたいと思います。

待合い室で待ち、順番が来たら、まずは更衣室に通されます。ここで下をスウェットに着換えます(S・M・Lと用意されています)。

で、セルフで足を洗います。これが非常に特徴的。写真のような足洗い場が更衣室内にあり、足の洗い方の説明書きがあります。

<足の洗い方>
1. お好きなソープで、くるぶしから下を簡単に洗います。
2. ボタンを押して温水で洗い流し、ペーパータオルで拭き取ります。
3. スタッフがご案内致しますので、待ち合いスペースでお待ちください。

なお、何らかの事情で足が洗えない場合、施術前にスタッフさんにタオルで拭いてもらうという選択肢もあります。

痛み、それは身体の不調の断末魔・・・

更衣室から出たら、施術用のイスに座るよう促されます。

マッサージしてくださるスタッフさんは、皆さん熟練の足つぼ師で、揉む手にでっかいタコができている方も多いです。まさに職人の勲章ですね。

それでは、いよいよ施術スタート・・・おあああああああああアアアアッ―!!

いきなりめちゃくちゃ痛いです。指先など細い箇所を集中攻撃されたり、足裏の真ん中あたりを無慈悲にゴリゴリされると、ほんと涙が出るほど痛いです。

施術しながら雑談してくれるスタッフさんがほとんどですが、もはや受け答えだけで精一杯です。また、横に白湯を置いてくれて、いつでも飲むことができるのですが、痛みに耐えることにのみ意識が行き、白湯の存在自体を忘れてしまうこともしばしば。

足裏のみならず、スネから膝裏くらいまで、秘孔?をもれなく突いてくれますが、これまた痛い。

時々、大きい叫び声をあげたり、もうやめてくれと懇願しているお客さんもいます。新橋店のみ個室・半個室があるらしく、そういう人の隔離用かと思いましたが、脱毛などを行うための個室みたいですね。

揉む順番は左足→右足の順ですが、これは心臓の反射区が左足にあるため、早く血流を良くするためだそうです。

左足が終わったときに右足と色を比べると、明らかに左足の方が血色が良くなっています。そして、右足をマッサージされると、左足のときに比べて痛みがかなりマシです。

なお、痛いのは身体のどこかに不調があるからであり、しょっちゅう来ている常連さんの中には、なんと施術中に寝てしまう人もいるとか。

・・・

以上、さんざん痛い痛いと書きましたが、痛みに耐えて施術が終わった後は、本当に爽快です

寒い冬でも、施術後は足元からポカポカしてきますので、いかにも血流が良くなったという実感があります。

料金とポイント

ドクターフットの料金は、街中の足つぼマッサージより少し割高で、30分で3,500円(税別)です。しかし、この唯一無二の痛みのワンダーランドには、それだけの価値があると思います。

私も一番初めに行ったときは、こんなに痛い思いをしてカネを払うのかと思ったものですが、しばらく経ったらまた行きたくなります。まるでラーメン二郎のような中毒性。

なお、電子決済を導入しており、基本的に支払いはクレジットカードです。現金は使えないので注意。ペイペイなどは使えるそうです。

また、ポイントは「歩」という単位であり、30分で90歩が貯まります。ネット予約したら+20歩サービス。1,000歩で1,000円引きになるようです。

おわりに

ちなみに、全身マッサージは揉み返しがくる可能性があるので毎日やるわけにはいきませんが、足つぼマッサージは毎日やってもOKだそうです。

足つぼマッサージは、自分で行うこともできますし、湯船につかりながらほぐすことができるグッズも発売されています。気軽にできる健康法かもしれませんね。

【毎日のお風呂で自分にごうほうび 】お風呂でじんわり足裏ほぐし 【送料無料】(お風呂グッズ、バスグッズ、バスピロー、マクラ、マッサージ、リラックスグッズ)(楽天ランキング受賞・ブラシランキング 5位 、2017/1/15デイリー)SP171003

今回はドクターフットについてご紹介しましたが、足つぼマッサージの新たな魅力を提供するお店だと思いますので、機会があれば是非とも体験してみて下さい。

スポンサーリンク