漫画「かってにシロクマ」の最終話は何だったのか

小さいころ、私が人生で初めて買ってもらった漫画は、相原コージ先生の「かってにシロクマ」という作品でした。

かってにシロクマとは?

本記事を探し当ててご覧になっている時点で、すでに「かってにシロクマ」についてある程度はご存知だとは思いますが、以下の動物キャラたちが繰り広げる日常系ギャグ漫画です。

  • 真っ白い突然変異のクマ(アルビノ)である「シロ」。
  • シロの弟である「大ちゃん」。
  • シロと大ちゃんの母親である「お母さん」。
  • シロ達に母親を食べられたイノシシの「うり坊」。

アホだけど時々は男らしいシロ、優等生だけど臆病な大ちゃん、豪快な肝っ玉お母さん、若干シュールだけど可愛らしいうり坊。

1980年代後半の作品ですが、現在でも通用するキレとセンスだと思います。

お下品なネタがかなり多めですが、小学生低学年だった当時の私は、それが下ネタであることすら理解せずに楽しく読んでおりました。

コミックスは全6巻でしたが、相原コージ先生のデビュー35周年に合わせてかってにシロクマ復刊のためのクラウドファンディングが行われ、現在は全3巻のSPECIAL EDITIONが発売されています。

【在庫あり/即出荷可】【新品】かってにシロクマ SPECIAL EDITION (1-3巻 全巻) 全巻セット

意外にシリアス展開もあり

この「かってにシロクマ」、基本的にはギャグ漫画なのですが、たまに「あれっ?」と思わせるシリアス展開があります。

以下では印象的なシリアス展開をご紹介します。

シロに彼女ができるエピソード

シロに彼女ができます。ちょしちゃんという名前のヤマネです。

初め、シロは全く相手にされませんが、ちょしちゃんの親友であるモモンガのももちゃんの助けも借りて、クマとヤマネという種というかサイズの壁を越えて、シロとちょしちゃんは相思相愛の仲になります。

しかし、ある日突然、ちょしちゃんは姿を消してしまいます。

散々探し回って、途方に暮れるシロ。そこにお母さんが声をかけてくるのですが、お母さんの頭に、ちょしちゃんにプレゼントしたはずの花が乗っています。

なんと、シロの彼女がヤマネであるとは夢にも思わなかったお母さんが、エサとしてちょしちゃんを食べてしまったのでした。

うり坊があの世に行くエピソード

シロと大ちゃんが生まれて以来、ずっと留守にしていたお父さんが突然帰ってきます。お母さんは大喜び。

しばらく4匹+1匹で、幸せな時間を過ごします。しかし、気まぐれで浮気性なお父さんは、ある日、何も告げずにいなくなってしまいます。

落ち込むお母さんを元気づけるため、シロ・大ちゃん・うり坊は、お父さんが山のテッペンにあると言っていた、「素晴らしいもの」を取りに行く旅に出ます。

山でシロ達は様々なトラブルに巻き込まれます。豪雨に見舞われて洞穴に避難したところ、土砂崩れで洞穴の中に閉じ込められてしまいました。

洞穴の中に水が入ってきたため、急いで出口を掘るシロたちですが、出口が外に開通した際、うり坊が濁流に流されて崖下に転落してしまいます。

雨が止んだ後、シロ達が崖下を探すと、そこには動かないうり坊が・・・

一方、うり坊(の魂)が目を覚ますと、そこは「あの世」との境目でした。

死んだ母親や兄弟達に呼ばれ、三途の川を渡りかけるうり坊。しかし、渡る寸前でちょしちゃんが現れ、まだこちらに来るには早いと止められます。

うり坊、母親や兄弟達を振り切り、現世への道を戻り、間一髪のところで生き返ります。

なお、お父さんが言っていた「素晴らしいもの」とは、「交尾したままのクマの化石」でした。

シロ達が巣立つエピソード

キツネに噛まれたお母さん。やけに怒りっぽくなり、さらに暴力的になるなど、様子がおかしくなってしまいます。

物知りのももちゃんに相談したところ、それは狂犬病ではないかというアドバイスをもらったため、懸命に治療を試みるシロ達。

シロ達の看病で、一旦はお母さんは治ったかと思われました。しかし、ある朝、再び発狂してしまいます。

泣く泣く、 お母さんの元を離れるシロ・大ちゃん・うり坊。

しかし、これは全て、お母さんの演技でした。大人になる年齢を迎えたシロ達を巣立たせるため、お母さんはワザとおかしくなったフリをしていたのです。

後で様子を見に行ったシロだけがこの事実を知ります。シロは黙って立ち去り、強く生きることを誓います。

このエピソードは非常に感動的で、ここで終わればキレイだったのだと思うのですが、その後に数ページ、付け足しのような謎の最終話があります。

謎の最終話

お母さんの元を離れ、3匹で暮らすシロ・大ちゃん・うり坊。しかし、食料も寝る場所もなく、3匹はいざこざばかり起こしてしまいます。

ある日、他のクマの縄張りから逃げる途中、うり坊が川に流されてしまいます。

うり坊を探しに行こうというシロ。しかし、他のクマの言葉を思い出し、「お兄ちゃんが白いのって、そんなに変なのかな」とボソッと呟いてしまう大ちゃん。

「白いのが変」という言葉は、シロにとっては、小さい頃からの耐え難いトラウマでした。

その場から走り去ってしまうシロ。シロを追いかけようとする大ちゃん。

しかし、背後の茂みに獰猛そうなオオカミ?が隠れており、大ちゃんを狙っています。

この場面を最後に、物語は突如終了してしまいます。なんとも後味が悪い・・・。。

「サルまん」と「真・異種格闘大戦」

この落丁なのか?と思わせるほど謎めいた最終話。ずっとモヤモヤしておりましたが、なんと以下の2作品に、続きが描かれています

これを正式な続編と取るか、パラレルワールドと取るかは人それぞれでしょうが、ストーリーを少しだけ紹介させて頂きます(ネタバレ注意)。

サルでも描けるまんが教室(サルまん)

「サルまん」は、相原コージ・竹熊健太郎の共著の、漫画の描き方のハウツー本です。

「【第二章】ジャンル別傾向と対策」の、「ウケる動物まんがの描き方」の導入部分に、「新・かってにシロクマ 」と題した漫画が掲載されています。ただし1ページのみ(7コマ) 。

時系列的には本編の最終話の直後であり(シロが走り去り、獰猛そうなオオカミ?が大ちゃんを狙っている)、大ちゃんが「ぎゃああああ」と叫び声を上げて、シロが振り向くシーンが描かれています。

一方、川に流されたうり坊が目を覚ますと、原発のような施設?の近くで、動物達が倒れているコマがあります。

副題が「§ 1 突然変異」とあるので、上の大ちゃんを狙っているオオカミ?は放射能で突然変異した野生動物なのかもしれませんね。

真・異種格闘大戦

こちらは相原コージ先生が2004年~2011年に連載していた作品で、全10巻。 「地上最強の生物」を決定するため16種の動物がトーナメント戦を行うという、一風変わった格闘漫画です。

参加する動物は、ライオン・マウンテンゴリラ・トラ・インドサイ・カバ・アフリカゾウ・ヒクイドリ・アナコンダ・クズリ・オオカミ・ナイルワニ・シマウマ・イヌ・ヒグマ・スイギュウ・ヒトです(ストーリー上、途中参加する動物もいますが)。

上に挙げた動物達がトーナメントを戦っていくわけですが、途中、アフリカゾウvs.クマという対戦カードがあります。

以下では、その対戦の模様をご紹介します。

・・・

アフリカゾウvs.クマの対戦カード、選手が互いに闘いのリングに入場します。

クマの名前は「レタンデビル」。傷だらけのムキムキの身体で、凶悪な顔をしています。

観客の一人が「あんな白いクマ、変だよ!」と野次ったところ、レタンデビルはその観客をいきなり殺してしまいました

これはもしや・・・?と読み手は思いますが、選手紹介では、アラスカ出身・食肉目クマ科・ハイイログマ(グリズリー)と紹介されます。シロや大ちゃんはエゾヒグマでしたよね。

試合が始まり、レタンデビルは様々な戦いのテクニックを駆使しますが、相手のアフリカゾウはライオンと並ぶ優勝候補。全く歯が立ちません。

「野生の戦いでは、どんな汚い手を使おうが勝った者が偉い」などと言いつつ、レフェリーの鳥を人質ならぬ鳥質に取ってギブアップを迫りますが、アフリカゾウの機転で、それも破られてしまいます。

突進してくるアフリカゾウ。

追い詰められたレタンデビルが取った行動は・・・

わたしは木!!!

「かってにシロクマ」のファンなら、涙なしには見れないシーン。やはり、レタンデビルの正体は「かってにシロクマ」のシロでした。

「レタンデビル」の「レタン」はアイヌ語の「白い」に由来しており、「デビル」が英語であることから、シロは北海道からカムチャツカ半島を経て、英語圏であるアラスカに渡ったということのようです。

・・・

ボロボロになり、瀕死になってもギブアップしないシロを見て、アフリカゾウはトドメをさそうとします。

その瞬間、観客席から待ったがかかります

「もうやめて、お兄ちゃん」

見ると、そこには茶色いクマと、イノシシが!!!

「お前 大なのか?」

・・・なんと、大人になった大ちゃんとうり坊が登場しました。

2匹は、このまま戦い続けたら死ぬので、もうギブアップしろと言います。

対して、シロは負けたらおしまいなんだと答えます。シロは、その身体の白さのため理不尽な目に遭い続け、負けたらおしまいだ、負けたら全てを失う、勝たなきゃダメだ、という強迫観念に囚われていたのでした。

しかし、大ちゃんはそれを否定。死んだらおしまいなんだよと、冷静に言い返します。

弟の言葉が心に響き、シロはついにギブアップを宣言

いい弟を持ったな、とアフリカゾウから声をかけられるシロ。大ちゃんに背負われ、コロシアムを後にします。

ちなみに、大ちゃんは父親似の眉が太い中年クマになっていましたが、衝撃的なのはうり坊。いかついオッサン顔になり、可愛かったうり坊の面影が全くないばかりか、「シロどん、もう勝ち目はないでごわす」など、 西郷隆盛ばりの鹿児島弁で喋ります。

・・・

コロシアムからの帰り道、シロは大ちゃんに背負われながら、子熊の頃の思い出話をします。

俺の熊生(ジンセイ)、どこで間違えたんだろ、と言うシロに対して、熊生に間違いなんてないんだよ、と返す大ちゃん。

大、お前、大人になったなあ、とシロは涙を流します。

やがて、大ちゃんの家族のところにたどり着きますが、出迎えた大ちゃんの子供達の中に、シロそっくりのアルビノがいます。顔どころか、「お?お?」と、喋り方まで同じです。

名前もお兄ちゃんと一緒で「シロ」って名付けたんだよ、と大ちゃんが振り返ったところ、背中のシロは、すでに生き絶えていました・・・。

シロの身体は、アフリカゾウとの戦いで腸の一部が飛び出していましたが、「ぴゃー」と言いながらそれに巻きついて遊ぶ二代目シロ。

シロの死に顔は、心なしか微笑んでいるようにみえました。

おわりに

以上が、「サルまん」と「真・異種格闘大戦」で描かれた内容です。

個人的に、後者の「真・異種格闘大戦」は感無量でした。ずっと自分の中で未完だった「かってにシロクマ」という名作が、ついに完結してしまった気がします。

「真・異種格闘大戦」 は、ストーリーが分かりやすく動物ネタも冴えており、非常に面白いですが、「かってにシロクマ」のオールドファンの方は、上で紹介したレタンデビルの話(4巻の49話~57話) だけでも是非とも読んで頂きたいです。

真・異種格闘大戦【地上最強の生物は誰だ】 4巻【電子書籍】[ 相原コージ ]

スポンサーリンク