使いやすい、ふとん乾燥機

世の中、生活の質を上げるアイテムは色々あると思いますが、「ふとん乾燥機」はお持ちでしょうか。

なくても特に困らないが、あったら便利というモノの一つだと思います。

今回は、「マット&ホース不要」という画期的なふとん乾燥機、スマートドライをご紹介します。

ふとん乾燥機は必要か

皆さま、ふとんは定期的に干していますでしょうか。

奥さんがかいがいしく干してくれるなら良いですが、例えば男の一人暮らしの場合、ふとんを干すという行為はなかなかに面倒です。

しかし、人は寝ている間、コップ一杯の汗をかくと言われています。すなわち、ふとんが毎日コップ一杯の汗を吸っているわけですね。

寒い冬は気になりませんが、暖かくなるにつれ、起きたら心なしか布団がしっとりしているような・・・そしてくさい・・・。

そこで活躍するのが、ふとん乾燥機。文字通り、ふとんを乾燥させてくれます

スマートドライが他と違う点

とはいえ、ふとん乾燥機といえば、敷きぶとんと掛けぶとんの間にマットを入れて、ホースをつないで・・・という用意が面倒なイメージがあります。

男の一人暮らしの場合、こんな面倒な苦行は到底不可能です。終わった後にたたむのも面倒くさい。

そこで、このスマートドライ。マットもホースもありません

パッと開いて、敷きぶとんの上に本体を置き・・・

掛けぶとんを本体の「ふとん差込み部」にかけて、スイッチを押すだけです。

これなら毎日やれと言われても、ギリギリできる範囲です。

こちらに、スマートドライ開発秘話が載っています。部長の無茶ぶりで生まれた商品なんですね。

なお、センサーがついており、セット方法が悪いとピーピー鳴いてくれます。

その他のお役立ち機能

スマートドライは、名前の通り賢く、ふとんの乾燥の他にも色々できます。

まず、冬に役立つのが、「あたため」モード。寝る前にふとんを温めておくことができます。湯たんぽ代わりになりますね。

ふとんのダニを駆逐したいときには、「ダニ対策」モードがあります。ダニは50度以上の環境に20分程度おかれると死滅するとか。

また、ノズルの角度を変えて「温風」や「送風」モードにすることで、雨でぬれてしまった靴や衣類の乾燥にも使えます。

なお、たたむと薄さ13センチになるので、収納もコンパクト。

おわりに

このスマートドライ、メーカーは象印マホービン株式会社

象印といえば、マホービンから始まり、炊飯器・電気ポット・ホットプレートなどのイメージですよね。

そんな象印が変わり種として出している、ふとん乾燥機・スマートドライ、なかなかのスグレモノですので、是非お試しください。

スポンサーリンク