鞘師里保の復活ライブに行ってみた(ひなフェス2019)

2019年3月某日、「ひなフェス2019」@幕張メッセに行く機会がありました。

「ひなフェス」とは、ハロー!プロジェクト所属の全アイドルグループによる合同ライブで、年一回、3月頃に開催されます。2019年は3月最終週の土・日で、昼夜2公演ずつの計4公演でした。

今回、土曜の昼公演のみ、ハロプロ20周年企画として、辻希美・加護亜依、道重さゆみ・新垣里沙、そして鞘師里保がゲスト出演するとのこと。

鞘師里保はモーニング娘。のスーパーエースとして活躍し、2015年末に卒業。その後、海外留学し、2018年末にハロプロ自体からの卒業を発表しました。

会場の様子

ライブ会場は、幕張メッセの国際展示場1ホールでしたが、施設の一番端にあるため、駅から歩いて10分以上かかりました。

会場内は体育館みたいなスペースに椅子がズラッと並べてある感じで、傾斜がないため正面ステージは見づらいです(大きなモニターありますが)。

とはいえ、会場内には花道(?)が張り巡らされており、メンバーが色々な場所にきて歌って踊ってくれるので、わりと席の場所に関係なく楽しめます

ライブの様子

開始直後、いきなり大歓声

辻希美と加護亜依が、2000年代中頃に組んでいたユニット、W(ダブルユー)として登場。MCを挟みつつ、「ロボキッス」など2曲を披露しました。

2人の衣装には、往時の衣装から切り取ったミニモちゃんというワッペン?があしらわれていました。なお当日は、19年前、辻・加護を含むモーニング娘。4期のメンバーがオーディションに受かった記念日だったとか。

辻・加護が下がった後、緑の衣装を着たハロプロ研修生が登場。ジャニーズJr.みたいなもんですかね。

次に、BEYOOOOONDSが登場し、コミックバンド風の独特な世界観を披露。 「都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて」という抱きしめる場所がえらい具体的な曲、「眼鏡の男の子」という文化祭のような寸劇付きの曲などを歌っていました。

続いて出てきたつばきファクトリーは春めいた正統派?の曲を歌ったので、BEYOOOOONDSとのギャップがすごかったです。衣装は、春というか南国風でした。

その次に登場したのはカントリー・ガールズ。MCでは、ひなフェスコールという掛け合いをしていました(持ちネタのようです)。

なお、カントリー・ガールズの4人のうち1人は、モーニング娘。の森戸知沙希(兼任)。また、小関舞は、00年代前半、西武ライオンズで松井稼頭央と1・2番コンビを形成していた小関竜也の娘さんだそうです。

その後、こぶしファクトリーが出てきて、オーノーオーノーみたいな新曲などを披露して前半終了。オーノーポーズもしていました。

【新品】【本】Say Cheese! 森戸知沙希写真集 西條彰仁/撮影

後半は、初っ端に辻・加護が再登場。今度はミニモニ。時代の曲を披露していました。ああ、ミニモニ。にいた外国人の子は、現在シーシェパードにいるとかいう噂があったな・・・とか思いつつ見ていると・・・。

突然、モーニング娘。の現メンバーとコラボ!

すると加護ちゃん、途中から号泣してしまいました。モーニング娘。卒業後、色々ありましたね・・・。

なお、辻・加護は、昔のモーニング娘。のイメージからメンバー最年少みたいな印象がありますが、今やハロプロの中では超・大御所で、世代交代の波を感じました。

その後、ひなフェス名物(?)のコラボユニットということで、BEYOOOOONDSの寸劇の狂言回し役で、ベベン!などのセリフが印象的な和服の子が、ソロでモーニング娘。の曲を歌ったりしていました。

続いて、Juice=Juice、アンジュルム、さらには現役モーニング娘。が登場し、それぞれ新曲などを披露していました。

鞘師里保の登場

しかし、最大の見どころはここから。

会場が暗転し、明るくなる直前、ウオオオオオオオオオ!!!と、声援と悲鳴が入り交じったような声が、地鳴りのように響きました。

明るくなると、そこには鞘師里保の姿が・・・。なんと、約3年3ヶ月ぶりのステージ復帰だそうです。

登場するやいなや、現モーニング娘。のメンバーと「Only you」「One・Two・Three」の2曲を連続して歌い上げましたが、登場してからの流れが相当カッコよく、会場はものすごい盛り上がりでした 。

その後、長らくモーニング娘。のリーダーを務めた道重さゆみが登場し、現リーダーの譜久村聖とデュエット。続いて、新垣里沙が登場し、現メンバーと一緒にモーニング娘。の曲を歌っていました。

その後、鞘師里保・道重さゆみ・新垣里沙の3人によるMCがあり、3人+現モーニング娘。メンバーで1曲が披露されましたが、会場は鞘師コールが鳴りやまずサイリウムは鞘師のメンバーカラーだった赤にずっと染まっていました

その後、全メンバーが登場して、1曲歌ってサクッと終了。

ひなフェス全体で、合計35曲が披露されたようです。12時開演で、終わったのが14時40分くらいなので、公演時間は2時間40分というところでしょうか。

Hello!Project 20th Anniversary!! Hello!Project ひなフェス 2019 【Hello!Project 20th Anniversary!! プレミアム】【Blu-ray】 [ ハロー!プロジェクト ]

おわりに

開演直後の辻・加護の登場も相当盛り上がりましたが、やはり鞘師里保が出てきたときの会場のボルテージが一番すごかった気がします。

ファンの間で鞘師里穂は依然として大人気というのがとても印象深かったライブでしたが、個人的には道重さゆみが譜久村聖と披露した哀愁ロマンティックという脳味噌がとろけそうな電波ソングが一番好きでした。

スポンサーリンク