DAZNは関東在住の阪神ファンの強い味方

関西で生まれ育つと、高確率で阪神タイガースファンになります。

たとえ親が阪神ファンでなくとも、学校の先生が阪神ファンだったりして、いつの間にか洗脳されます。私の小学校時代の担任は、クラスごと甲子園に連れて行っていました

そんな関西生まれの阪神ファンが上京したときに困るのが、テレビで阪神戦の中継がやっていないこと。

関東で阪神戦を見るため・・・

関東でも、まれに地上波やBSで阪神戦が中継されることもありますが、回数は少なく、また見たい時に見られません。しかも基本的にビジター扱いであり、解説が阪神寄りではありません。

関西にはサンテレビがあり、ひたすら毎日、阪神戦を流してくれるのに。試合がない日でも、「虎辞書なる!!」などと銘打って、過去の試合を延々と流してくれたりするのに・・・。。

このように、フラストレーションが溜まった熱心な阪神ファンは、もうカネを払って見るしかないという結論に達します。

その際、選択肢は3つくらいあります(値段は税抜き)。

  • スカパー「プロ野球セット」:月額3,685円
  • 虎テレ:月額600円(1試合200円)
  • DAZN:月額1,750円(ドコモユーザーなら980円)

なお、スカパーとDAZNは、初月無料のお試しキャンペーンがあります。

衛星放送 vs. ネット配信

まず、衛星放送のスカパー。チャンネル毎に申し込むことができますが、「プロ野球セット」を選ぶと全試合カバーされます。ただ、毎月3,685円は少し高いような気も。

値段的には、ネット配信(虎テレ・DAZN)が断然お得です。

虎テレは、見たい時に1試合だけ見たりするのには適していますが、阪神タイガース球団公式動画配信サービスなので、阪神の主催試合しか見られません。

DAZNは、虎テレより見られる試合が多いほか、サッカーなど他のスポーツも見られますし、アニメ「メジャー」も見られます。ドコモユーザーであれば値段も980円と、虎テレと遜色ありません。

DAZNのカバー範囲

そんなDAZNがカバーしているプロ野球の試合は、以下の通りです。

  • パリーグは、全球団の公式戦
  • セリーグは、巨人横浜DeNA中日(一部の巨人戦を除く)・阪神の、公式戦主催全試合。
  • オールスター、 日本シリーズは観戦不可。

広島とヤクルトの公式戦主催試合は見られません(放映権が取れなかったとか)。阪神は、他のセリーグ5球団と25回ずつ当たるため、主催試合が半々だとすると25試合くらい見れない計算です。

それでも、月額1,750円(ドコモユーザーなら980円) で、100試合以上は見られることになります。

広島とヤクルトの公式戦主催試合については、地上波やBSに期待しましょう。

DAZNのメリット

DAZNはネット配信のため、パソコン・タブレット・スマホで、いつでもどこでも見ることができます。

Wifi環境であれば、カフェなどで視聴することもできます(Wifi環境でなければ恐ろしい勢いでパケットを消費するので、止めた方が無難)。

大画面で見たい方は、インターネット機能が使えるテレビ(スマートテレビ)で使用すると、テレビ視聴と変わらない感じで楽しめます。

また、下のようなケーブルを使えば、各種デバイスからテレビに出力することもできるようです。

【SALE セール】 スマホ テレビ 接続 ケーブル マイクロusb MHLケーブル HDMI変換アダプタ Micro USB to HDMI タブレット 入力 micro USB オス – 出力 HDMI タイプA オス 【送料無料】クロームキャストのように楽しめる

なお、DAZNのライブ配信は、録画しながら映像が流されるので、見逃したシーンは巻き戻して視聴することができます。

例えば、視聴を始めた時点で、試合が5回裏まで進んでしまっていても、最初から録画を再生すれば、1回表から試合をじっくり見ることができます。

ただ、その場合、DAZNにアクセスした瞬間に5回裏の映像が流れるため、展開を知りたくないときは、 画面をみないよう目をつむりながら巻き戻しましょう

DAZNのデメリット

そんな一見カンペキなDAZNですが、実は阪神ファンにとっては大きな難点があります。

DAZNはなぜか、阪神主催の公式戦のライブ配信のみ5分程度のディレイ(遅延)配信です。同じく遅延配信である、虎テレとの権利関係なのでしょうか。

例えば、サンテレビを見ている友人とLINEをしながら試合を見ていると、向こうが数分後の未来を知っている事態に陥ります。

その打席のロサリオ、これから外スラで空振り三振するよとか言われてしまいます。

いち阪神ファンとして、この点をDAZNが早く改善してくれることを切に願っています。

(おまけ)オープン戦とシーズンの順位

なお、DAZNはオープン戦を見ることもできますが、オープン戦の順位はシーズン順位と一定の相関があると言われています。

特に、オープン戦最下位の球団。過去20年(2000年~2019年)の、オープン戦最下位の球団のシーズン順位は、平均順位4.9位です。

2016年に至っては、中日・オリックス・DeNAがオープン戦同率最下位で、シーズンでも中日・オリックスが、セ・パのそれぞれ最下位になりました。

過去20年、オープン戦最下位からシーズン優勝した球団は、2001年の近鉄と2008年の巨人のみで、この例外を除けば、他は全てBクラスです。

なお、2019年のオープン戦は、阪神と日本ハムが白熱した最下位争いを繰り広げましたが、辛くも阪神が最終戦で11位に抜け出しました。オープン戦最下位の呪縛から逃れた阪神はシーズン3位。オープン戦・シーズンともに最下位だった2018年から大きく躍進しました。

(おまけ2)タイガースローソン

阪神甲子園球場の近くには、目を疑うようなコラボをしているコンビニがあります。

その名も、タイガースローソン。

店内にはなんと、オフィシャルグッズ売り場が設けられています。

周辺にお住まいの方々がごく普通のコンビニとして使用されていて
(当たり前ですが)、それがまたシュール。

最近2店舗目がオープンしましたが、いつか兵庫県中のローソンがタイガースローソンに塗り替わる日を楽しみにしています。

・・・記事内容から脱線してしまいましたが、関東在住で、阪神タイガースの試合に飢えている方は、是非ともDAZNをご検討ください。

スポンサーリンク