(三田・田町)「ぼうず」と「こぼうず」の絶品豚肉ランチ

三田・田町エリアに、「ぼうず」と「こぼうず」という居酒屋があります。

慶応義塾大学の近くですが、お互い徒歩30秒の距離にあり、姉妹店です。

両店舗ともにランチメニューは1種類のみで、それぞれ個性的な豚肉料理を提供しています。

「ぼうず」の「豚バラの炭火炙り定食」

まずは兄貴分(?)の「ぼうず」より。

場所はこのあたり。

小さなお店で、茶室の「にじり口」のように(?)入口は少し低く、かかんで入店します。

店は小上がりになっており、入ったところで履物を下駄箱に入れます。

この「ぼうず」のランチメニューは、「塩麹漬け桃豚バラの炭火炙り定食」。

秋田のブランド豚である桃豚を、自家製の塩麹で一晩もみ込み、それを炭火で炙り焼きにしてくれます

値段は1,000円で、現金払いのみ。

メニューは1種類のみなので、着席していると自動的に運ばれてきます。

・・・これはご飯がめちゃくちゃ進みそう!!!

写真では分かりづらいですが、かなり肉厚です。

やや焦げているようにも見えますが、これは塩麹の性質によるもので、ちょうど良い具合のジューシーな焼き加減

肉一枚あたり、ご飯半分くらいいけそうな破壊力です。

※ ご飯・味噌汁は、おかわりが1回まで可能

なお、ご飯は玄米ご飯であり、定食にはとろろ(味付き)がついていることから、玄米とろろご飯も楽しめます。

・・・

店内掲示によると、夜ランチ定食というメニューもあり、このバラ肉5枚と選べる3品セットで1,100円(税別、お通し・チャージなし)だとか。

また「天気の悪い日はお得になるかも」とのことなので、また雨の日にでも訪れてみたいと思います。

秋田牛(200g)・桃豚(300g) しゃぶしゃぶセット

「こぼうず」

さて、次は弟分(?)の「こぼうず」。

場所はこのあたり。

「ぼうず」とは違い、お店は階段を下りて、地下にあります。

そして、「ぼうず」に比べると、店内はけっこう広い。

この「こぼうず」のランチメニューは、「桃豚ロースのトンテキ定食」。

※ トンテキは、「ビフテキ」に対応する「豚(トン)のステーキ」という意味で、三重県四日市の名物だそうです

値段は同じく1,000円で、現金払いのみ。

こんな感じのビジュアルです。

美しいトンテキ。使用している桃豚は、「ぼうず」と同じなんですかね。

からし(マスタード)にちょっと付けて頂きます。

高級洋食屋さんみたいな上品な味わい。フライドオニオンがかかっていますが、ニンニクは不使用とのこと。

ソースは深みがありますが、ウスターソースをベースに、デミグラス・醤油・みりん・味噌など、たくさんの調味料がブレンドされているとか。

なお、「こぼうず」のご飯も玄米ご飯です。

「ぼうず」に比べると、ご飯の減りは緩やかかと思われますが、こちらはご飯・味噌汁ともにお替り自由(ご飯はセルフ、味噌汁はスタッフさんへ)。

【送料無料 大とんてき]】厚切りステーキ/バーベキュー/5 枚入り(ソース付/豚肉大判ステーキ/ステーキ/豚ロース/ロース/送料無料

以上、三田・田町エリアのランチ情報ということで、「ぼうず」と「こぼうず」のワンメニューのランチを紹介させて頂きました。

「ぼうず」の豚バラの炭火炙りは男性向け、「こぼうず」のトンテキは女性向けかもしれませんね。

近くまでお越しの際には、是非ともお試しください!

スポンサーリンク